- 住宅についての考え方
私達が住宅を設計する時、一番大切に考えているのは、建主さんと一緒に「住まう」「暮らす」ことについて考え、共に造っていきたいということです。
建主さんとのお話しを重ねることで、その生活形態や希望を私達なりに受け止め、ご提案をし、構想を固めていきます。このような過程を経て完成したものは、そこに住むご家族の個性が生きたオリジナルの「家」となり、「製品化された家を買うこととは違う」と感じて頂けると思います。

「住宅」というのは、皆さんが少なからず「経験による知識」をお持ちです。また最近は、雑誌やインターネットからの部分的情報収集が簡単にできるようになり、自分好みのデザインや機能のものをイメージしやすくなっていると思います。私たちの仕事は、こうして皆さんが得られた情報やご希望を「形にする」のはもちろんですが、それらを受けてプロとしてのご提案をするのが役目だと考えております。

昨今、住宅を手に入れるには沢山の選択肢があります。住宅メーカーや大手ビルダーで「買う」という方法、地元の工務店さんと相談しながら「建てる」という方法、そして私たちのような設計事務所に設計をご依頼頂き、時間を掛けてじっくり「つくる」という方法、どの方法も間違いではなく、その方にあった方法をご選択頂くのが一番だと思います。慎重にご検討頂き、その結果、「設計事務所と共に家をつくる」という選択をしていただけることを期待しております。そして私たちの考え方に共感頂ける皆さんには、ぜひ私たちと「家づくり」を楽しんで頂ければと考えています。